2016年6月14日 extremecod

宮古島へ行って、レンタカーも借りて楽しく遊びたい何て人も多いでしょう。また仕事で宮古島へ行って、やはり移動があるのでとレンタカーを借りる人もいるでしょう。休みをまんきつするためにも、またビジネスのために
レンタカーの役割は大きいでしょう。

運転には注意しておこう

沖縄は車社会ですので、毎日運転している人も多いです。それは宮古島でも変わりません。そんな人たちでも、事故を起こすことも普通にあります。
本土の人だと、普段あまりしていなくて、宮古島で急にレンタカーを借りて、他の車にぶつけてしまった何てケースもしばしばあります。誰でもぶつけてしまうこともあるのです。また、宮古島だと、信号もすくない地域も多くあり、確認を怠ったり、スピードをだしすぎると、他の車との衝突を避けられないケースもよくあります。確かに宮古島の道は走りやすいですが、注意はかなり必要です。
また他の車にぶつけられるケースもあるので、なおさらレンタカーでは周りをチェックすることも必要です。

もしも他の車にぶつけてしまったら

ぶつけてしまうのも道だけでなく、駐車場などポイントもさまざまです。
注意してても事故が起こることもあります。まず、事故を起こしたら、相手がいれば、その安否を確認しましょう。人命最優先です。そして、警察への連絡も忘れてはいけません。速やかに警察をよんでください。小さな傷でも大丈夫だろうとその場での示談はやめてください。あとあとレンタカー会社とのトラブルになりかねません。
そして、相手との連絡先も交換し、そしてレンタカー会社にも報告しましょう。そして、返すときなどには、その自己に関する支払いをしましょう。
まずは、ノンオペレーションで車が動けば2万円を、動かないときにはま5万円を支払いをします。さらに事故による修理代もありますが、そのタイミングや費用はレンタカー会社と調整しましょう。保険は5万円をこしてから、使いますので、それ以下は自己負担となります。

最後に

免責補償で自己負担の支払わなくてすむこともありますが、それはあらかじめ借りるときにけいやくをしなければなりません。それについても先に確認してください。ぶつけたときなどの対処も借りる前に確認しておきましょう。

関連する記事