2016年6月12日 extremecod

宮古島でレンタカーを借りて走るのも気持ちのいいものです。ドライブだけでも、海岸線を走ったり、のんびりと畑の様子を見たりと、都会の景色とひと味違って楽しめます。

レンタカーでは事故に気をつけよう

レンタカーも借りた直後はやはり、慣れていなくて、より慎重に運転するものです。でも慣れてきたら、けっこう雑になったりします。特に宮古島で、平良市から離れていくと、交通量も少なくなってくると、スピード出しすぎり、つい景色をみたくてよそ見運転したりと、事故の元も増えてきます。
レンタカーで事故を起こすと、修理代もまずは、自腹でいくらか払い、そこから保険も加わります。さらにノンオペレーションチャージという制度で2万もしくは5万支払いをしなければなりません。事故を起こして、車がうごかないからと、10万払ったなんて体験談もあります。けっこうな額の出費です。そうならないよう運転には気をつけましょう。

駐車場でも気をつけよう

運転はよくても、実は駐車があまり得意でない人もいるでしょう。縦列駐車できないなんて人もいるでしょう。
事故まではいかなくても、すこしレンタカーを傷つけてしまうと、やはり支払いをしなければなりません。
つい横の車に擦ってしまった、また何か物にぶつけたなど、駐車場でのトラブルもよく発生します。さらに、自分でしなくても他の人がこすってしまうなんてこともあります。
駐車場もレンタカーを傷つける元となっているから、注意が必要です。あと、もしもぶつけられたり、擦られたりして、小さい傷だからとついついその場で勝手な示談をしないようにしましょう。警察に届け出をして、事故証明書をもらい、レンタカー会社にも報告をしましょう。そうしないと保険が使えなくなります。
もちろん相手の連絡先も交換をして、レンタカー会社の指示にも従いましょう。レンタカーに傷ついたりすると、レンタカー会社の営業にも支障をきたす恐れもありますから、駐車場では気をつけましょう。

最後に

また、知らないうちに傷つけられて、相手が判らないときにも、それは伝えて指示を仰ぎましょう。支払いになるかもしれませんので、事前に確認しておきましょう。

関連する記事